にんにく卵黄で毎日元気に過ごす!|匂いを気にせず気軽に摂取

野菜は栄養の宝庫

食材

飽食の時代になった現代では、多彩な形態の食事が取れるようになっています。レストランや居酒屋に入ったら、好きなものを注文して食事を取ることが可能なのです。しかし、多彩な食に溢れているにもかかわらず栄養バランスが偏ってきているのが原状です。食の質が向上しているので、常にバランスを考慮しての食事を自宅や外食で取っていくべきなのです。特に、現代人は野菜不足とも言われています。野菜が不足しがちになると、人体にどのような症状が表れてしまうのでしょうか。
まず、野菜不足となってしまうと、真っ先に思い浮かぶのが便秘です。野菜は、食物繊維の宝庫なので毎日の食事で摂取しないと腸内に便が溜まり続けてしまいます。その影響で肌荒れや基礎代謝の衰退が起こってしまうのです。特にダイエット中の人にとって一番の致命的な症状なので野菜不足は避けていきたいものです。
その他では、貧血も起こしてしまいます。野菜の中には、血中から酸素を運ぶのを促進する成分である鉄分を豊富に含むものがあります。これらが不足してしまうと、立ち上がった時に立ちくらみを起こしてしまう事もあるのです。また、体の隅々まで酸素が行き届かないので疲労がたまりやすい体質になってしまうのです。
野菜不足となってしまった場合に引き起こる症状では、精神的な面にも左右されます。それはイライラ症状です。野菜にはカルシウムも含まれているのです。それらが不足すると骨格がもろくなるだけでなく、神経過敏となりストレスが蓄積されやすくなります。
野菜不足によって、多彩な症状が引き起こされるので野菜ジュースや青汁などを活用してでも栄養を摂取しましょう。